まずは英語に触れてみよう! 楽しい英語表現が満載! 英語のつぶやきが沢山!

ABOUT

※ページ後半より、日本語訳の本文となります。併せてご一読ください。

In our times today, English is a language that is widely spoken across the globe.
People learn it for a variety of reasons.
English can be a personal skill goal, a way to improve one’s performance at work or study, a means to understand or establish communication with other people who use it, and many other purposes.
Whatever objectives a person has in mind about learning English, it would still be beneficial.
Nothing is lost; nothing is wasted.

What would Japan be like if it was a bilingual country ?

For many years, Japan had been a closed country.
There wasn’t a need to communicate with the “outside world.”
Thus, people during the time felt no need to learn a language other than their own.
However, times have changed. Japan has opened up to the rest of the world and there are more opportunities for everyone than ever!
It’s true that if you only intend to stay in Japan, then there might be no immediate need to learn an alternative language.
But if you are a dreamer, an innovator or simply an individual with a big idea, wouldn’t you want to share it to people other than fellow Japanese?
Imagine a nursery school or a kindergarten that uses English as a secondary language.
Imagine how thrilling it would be for children to communicate, not just with their Japanese friends but new foreign classmates as well.
Now, imagine how these early learners would fare when they get to junior high school, to university, and after that, to the real world of working adults.
Not only will it be beneficial for them in their early years of development, but it will also be a great advantage for them after leaving school permanently into adulthood.
The business idea that they have, they can now share not just with their fellow Japanese but also to those promising business partners in other countries.
And in return, they can also comprehend and add to the idea that these collaborators have to share with them.
A son or daughter who is already a successful doctor in Japan could have the chance to impart his/her knowledge and be recognized abroad as well.
Leaders could hire potentials from all around the globe if they knew how to speak English. The scenarios are infinite!
Now imagine all of the opportunities they might lose because they couldn’t speak another language.
It’s truly unfortunate if we let these chances slip.
This is where Excel English comes in.
The teachers from our school are driven, passionate teachers who want to expand their horizons.
They have the skill and determination to make a change, not only in their own country, but in the world as well.
What they needed was a chance to make this difference. In a fortuitous turn of events, one of our teachers met Chiba Cycle’s CEO, Kenichi Chiba.
Together, they established Excel English.
Mr. Chiba understood that the universal language will soon be a good tool to be at one’s disposal.
While a lot of people can’t comprehend how a bicycle shop and an English school go together yet, in the world that’s coming, it would make much more sense.
English will inevitably be an essential skill in the future.
Right now, Excel English wants to start a revolution.
We want to be able to contribute to the growth of Japan and witness its change from a primarily monolingual country into a bilingual nation.
But in order to do this, we need people to back us up.
Excel is but a small organization and what we can do at the moment is limited. However, if you give us an opportunity to make this change, we can fast-forward into the future we imagine Japan could have.
This is Excel’s dream, for English to be a bridge between the Philippines and Japan, and between Japan and the rest of the world.
It’s a big dream but all visions start somewhere and we want it to start here.


WHY LEARNING ENGLISH IS USEFUL ?

1. English is the official language in numerous countries around the world.

It’s estimated that over 2 billion people worldwide use English to communicate on a regular basis.

2. English is a dominant language in the business world.

Research has shown that cross-border business interaction uses English as a means of communication. In the global market, being able to speak and understand English is a game-changer.

3. English helps people to understand culture through entertainment.

Countless of the world’s top films, publications and music are circulated in English. Therefore, learning English will open up access to a wealth of entertainment and help you understand different cultures better.

4. English is used as a tool to convey information.

About 50% of the internet’s contents and other references are in English. If one is able to understand English, he/she would be able to have access to a tremendous amount of information and knowledge.


WHY IS IT GOOD TO LEARN ENGLISH FROM FILIPINO TEACHERS ?

1. English is not their mother-tongue.

Many people would see this as a disadvantage. However, because English is not their first language, they are able to understand the processes of learning another language and thus, can relate to other language learners.

2. English is not their mother-tongue, but it’s an official language.

English is an official language in the Philippines. This means that English is everywhere. It’s on television, movies, signboards, books, documents, and other forms of media. It’s also the language used in teaching at school. This means that almost every Filipino has been using English since he/ she was young and is therefore well-acquainted with the language.

3. Filipinos speak with a neutral accent.

Over the years, Business Process Outsourcing (BPO) companies have chosen to hire more Filipinos over other countries. This is because Filipinos speak with a neutral accent, the most comprehensible around the globe.

4. Filipinos are cheery.

According to studies, a light mood promotes all kinds of learning, and that includes English language learning. A happy, smiling face puts you in a better mood for studying than a frowny or even a neutral one.

5. Filipinos are flexible and resourceful.

With an understanding that everyone has individual learning differences, a Filipino teacher can easily adapt to the needs of the learner.


WHY CHOOSE EXCEL ENGLISH ?

1. Teaching is our vocation.

EXCEL English teachers are passers of the Licensure Examination for Teachers in the Philippines. They also received training in two of the most prestigious state universities in the country.

2. We are only starting-out.

The school is in its humble beginnings and we have a lot to prove. If given the chance, we are sure to do our best to meet or exceed expectations.

3. We are willing.

EXCEL English teachers are driven by hope that Japan will be the place where people from the Philippines and the other parts of the world seek greater opportunities. For this to materialize, it takes a group of determined individuals to initiate.

4. We care.

Our students often comment on how “at-home” they feel at school. While we are not lenient on learning, we also do our best to make our students feel comfortable.

5. We give back to the society.

Once a month as volunteers, we cater to the elderly in the city by providing fun and interactive cultural exchange activities in English.

6. We have youthful energy.

The teachers have the kind of contagious energy needed to deliver impactful lessons.

7. We can handle a group.

Excel English teachers are also skillful in handling groups. This is because the school also provides group lessons every week enabling them to hone their talents in managing a crowd.


これから生徒になられる皆様へ、そして教育機関の皆様へ。

今日、英語は世界中で広く使用されています。
人それぞれが、それぞれの理由で英語を学んでいます。
英語を学ぶこと、それは個人技能のため、仕事や勉強での実績向上のため、英語を話す他の人々とコミュニケーションを図ったり理解しあうための手段、さらにその他の様々な目的となりえます。
個人ごとの英語を学ぶ目的が何であれ、それはかならず役に立つものであり、損をしたり無駄になるものではありません。

もしも日本が二つの言語を使う国だったら、どんなことになるのでしょう?

長い間、日本は閉ざされた国でした。
「他の世界」とコミュニケーションを図る必要はありませんでした。
よって当時の人々は、日本語以外に他言語を学ぶ必要など感じませんでした。
しかし時代は変わり、日本は外の世界へと目を向けはじめたことにより、以前よりもさらなる様々な機会が私たちには巡ってきているのです。
日本にただ留まるつもりならすぐに他言語を学ぶ必要もないかもしれません。
でもあなたがもしも夢を持ち、革新者となり、または個人で大きなアイデアを持っているのなら、それを自国に留めておかないで、世界中の人たちと共有したくありませんか?
想像してみてください。
保育園や幼稚園が英語を第二外国語として使っていたら、そしてその子供たちは日本人の友達のみならず海外から来た新しい友達ともコミュニケーションをとっていたら。
そういった教育を受け始めた子供たちがいずれ中学、高校、大学生、そして社会人となったとしたら。
それは彼らにとって初期の発展段階で役立つというだけにとどまらず、いずれ学校を去り、大人になってから長く、とても大きな財産となることでしょう。
彼らの抱くビジネスアイデアはもはや日本で働く同僚とだけでなく、海外の有望なビジネスパートナーともシェアすることにもなるでしょう。
逆もまたしかり、彼らもまたそれを理解しさらなるアイデアを出してくれ、それをあなたはシェアすることにもなるでしょう。
国内で医者として成功したら海外でもその評価とチャンスをいただいたりもするでしょう。
リーダーとなる者が英語を話せるなら世界中から能力のある人材を雇用することだってできるのです。
可能性は無限です!こんな機会を他言語が話せないことにより逸失してしまったら、なんともったいないことやら。
さあ、ここにエクセルイングリッシュがあります。
自身のスキルを十分に発揮できる場を常に求めている熱意ある講師陣が、エクセルイングリッシュにはいるのです。
私たちは母国での活動にとどまらず海外でも変化を起こすためのスキルと決意を持ち合わせています。
私たちに必要なのは、そのチャンスの場をいただくことです。
そんな私たちに訪れた幸運、それは千葉健一(ちばサイクル株式会社代表)に出会ったことです。
世界共通の言語(英語)がすぐにすべての人々に持ち合わせるべきものになると考え、ともにエクセルイングリッシュ(英会話教室)を立ち上げました。
多くの人が自転車店と英語教室がともに存在することに理解しかねている反面、実はそれが道理にかなう、英語を誰もが話せる、そんな未来がもうやってきているのです。
今、私たちエクセルイングリッシュは次のステップを踏み出そうと模索しています。
私たちは日本の成長に貢献することを望み、単言語の国が他言語国になる過程を見たいのです。
そのためには、私たちの活動を支えてくださる人々が必要です。
エクセルイングリッシュの講師としてのここでの活動を今は小さなものですが、各種教育機関さまのご協力をいただければ、次の変化が生まれます。
それが私たちのイメージする日本の未来をより早く実現することになると確信しています。
これが私たちエクセルイングリッシュの夢です。
私たちは「フィリピンと日本」の架け橋、そして「日本と世界の架け橋」となります。
どんな大きな夢も、とあるところから始まるもの。それがここなのです。


なぜ英語を学ぶことが有益なのでしょう?

1. 世界中のたくさんの国々が公式言語としています。

世界中で20億人以上の人々が英語をつかってコミュニケーションをとっていると推定されます。

2. ビジネスの世界では基本が英語です。

学術調査によると他国とのビジネスでのやりとりの手段は英語です。世界市場では英語が理解できて話せるかどうかは大きなカギとなるのです。

3. 英語はエンターテイメントをとおした文化理解に必要不可欠です。

数え切れないほどの有名な映画の数々、印刷物そして音楽は、英語で配信されています。ということは英語を学ぶことがエンターテイメントという財産を利用することへの入り口であり他国の文化をより理解することの助けにもなるでしょう。

4. 英語はさまざまな情報発信に使われています。

約50%のウェブサイトは英語です。英語がわかればたくさんの情報と知識を利用することができるのです。


なぜフィリピンの英語講師から英語を学ぶことがよい選択なのでしょう?

1. 英語は私たちの母国語ではありません

ネイティブから英語を教えてもらうのがいいと一般的に信じられていますが、今や英語は多様に使われている時代。英語をネイティブとのコミュニケーションのみに使うわけではないのです。多様化する英語の中で優れているものがある、という考え方は古いのです。フィリピンの英語講師は日本の英語を学ぶ人たちにとって、同じように第二外国語として英語を話せるようになるプロセスを共有できるという点においてメリットといえるでしょう。

2. 英語は私たちの母国語ではありませんが、公用語なのです

英語はフィリピンの公用語。いたるところで使われています。テレビ、映画、看板、書籍、文書、さらには授業も英語だったりします。だからフィリピン人はみんな子供のころから英語をたしなみ、英語をよく知っているのです。

3. フィリピン人は自然な発音で話をします

BPO (海外人材派遣業)はここ数年、フィリピン人を海外への派遣人材として採用する傾向にあります。それはフィリピン人が自然なアクセントで話しをするからです。世界中でもっとも聞き取りやすいのだそうです。

4. フィリピン人はいつも元気

研究によると楽しい雰囲気はすべての習い事に効果的です。ハッピーで笑顔のフィリピン人。しかめっ面や無表情な人からよりも気持ちよく勉強ができるというものです。

5. フィリピン人は順応性がありよく気が付く

人それぞれ学びの速さは違うもの。フィリピンの講師は即座に順応して授業の難易度や授業の進行を調整してくれます。


なぜエクセルイングリッシュなのでしょう?

1. 教えることは私たちの天職です

私たちは母国で講師としてのライセンスを取得しています。フィリピンで講師資格をとるための有名な州立大学でトレーニングを積んでいるのです。

2. 私たちはこれからの人材です

私たちの英会話教室は まだまだ若く、試したいことがたくさんあります。いただいたチャンスは一生懸命、期待に沿えるように努力する所存です。

3. 私たちは進んで何でも行います

私たち講師陣はここ日本が、フィリピンや他国から来た人々がすばらしい機会に恵まれる場所となることをのぞんで活動をしています。それを実現する指針と私たちがなるのだという、固い決意のある集団です。

4. お世話をします

私たちの生徒のみなさまは 「家庭的な」教室だ、とよく言ってくださいます。教育に妥協はありませんが生徒様に気持ちよく過ごしていただくことにいつも心がけています。

5. 地域貢献をします

月に一度のボランティア活動を通して私たちは市内のご年配のみなさまに 、英語をとおして楽しく相互文化理解をする場を提供しています。

6. 若さと情熱をもっています

先生の持つ情熱にこそ影響力があることをこころえてレッスンにのぞんでいます。